源氏物語
PR

【第37帖】横笛(よこぶえ)【源氏物語あらすじ・解説】

藤村さき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

光源氏49歳の話。

対訳にはなっていませんのでご注意ください。

あらすじ

柏木の一周忌

柏木の一周忌が巡ってきました。

源氏は薫の代わりに丁重な布施を贈ります。

裏の事情を知らない、柏木の父である致仕太政大臣は、感謝するとともに悲しみを新たにします。

女三宮の出家、落葉の宮の夫の死と、相次ぐ姫宮たちの不幸を嘆く朱雀院から、女三宮のところに筍が贈られてきました。

それを生えかけた歯でかじる薫を抱きながら、源氏は今までの人生を思い、また薫の幼いながらも高貴な面差に注目します。

横笛

秋の夕暮れ、夕霧は柏木の未亡人である落葉の宮を見舞います。

その帰りみちで、落葉の宮の母である一条御息所は、柏木の形見の横笛を夕霧に贈ります。

その夜、夕霧の夢枕に柏木が立ち、「笛を伝えたい人は他にある」と語るのです。

面影

後日、源氏のもとを訪れた夕霧は、明石の女御の御子たちと無心に遊ぶ薫に、柏木の面影を見ます。

そして源氏に柏木の遺言と夢の話を伝えました。

しかし源氏は話をそらし、横笛を預かるとだけ言うのでした。

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました