源氏物語

【第10帖】賢木(さかき)【源氏物語あらすじ・解説】

光源氏23歳秋9月から25歳夏の話。

対訳にはなっていませんのでご注意ください。

あらすじ

六条御息所との別れ

六条御息所は自らの生霊の恐ろしさを思い、源氏との恋も捨てることにした。

そして娘の斎宮と共に、伊勢へ下ることを決意した。

源氏も御息所を哀れに思い、秋の終わり、彼女が伊勢へ向かうために潔斎を行っている嵯峨野の野の宮を訪れ、別れを惜しむのだった。

院の崩御と中宮の出家

斎宮が伊勢に向かってから程なくして、急に院が体調を崩し、崩御された。

源氏は藤壺中宮に逢おうとするが、中宮は拒否する。

源氏とのことが発覚すれば息子である東宮(実は源氏との間にできた子)も危ういと考え、藤壺は桐壺院の一周忌の後、誰にも知らせず出家するのであった。

朧月夜

源氏は朧月夜が入内してからも密かに逢瀬を重ねていた。彼女は今は尚侍となっている。

ところがある晩、右大臣に密会の現場を見つかってしまう。

右大臣と弘徽殿大后は激怒し、これを期に源氏を政界から追放しようとするのだった。

桐壺院が崩御されて以降、政争も激化していたのである。