源氏物語

【第24帖】胡蝶(こちょう)【源氏物語あらすじ・解説】

玉鬘十帖(たまかずら・じゅうじょう)のうちの第三帖。

光源氏36歳の3月から始まるお話で、前半は美しい絵巻を見ているような描写が続きます。

以下、解説をはさみながらあらすじを書いています。本文の対訳ではありませんので、ご注意ください。

主な登場人物

光源氏、秋好中宮、紫の上、玉鬘、柏木、兵部卿宮、髭黒右大将

あらすじ

春の町にて

三月の二十日過ぎ、源氏の邸宅である六条院では、「春の町」に客を呼んで舟遊びが催されていました。

この頃、秋好中宮(あきこのむちゅうぐう)も御所から帰ってきていました。

昨年の秋に秋好中宮が紫の上と行った「春と秋どちらが良いか」の返事の続きをする時期でしたが、こちらから中宮を誘い出すわけにも行かなかったので、源氏は舟に中宮の女房たちを乗せて、舟を漕ぎ回らせます。

美しい風景に、女性陣たちはうっとり。

やがて日が暮れかかるころ、舟は休息所へと入り、人々は音楽や舞を楽しみます。門の外ではこっそり庶民たちもこれを聞いて楽しんでいます。

明け方まで饗宴はつづき、秋好中宮もそれをうらやましく聞いていました。

紫の上と秋好中宮

翌日は、秋好中宮が僧に読経を行わせる初日に当たっていたので、参加するものはそのまま着替えだけして参加し、帰るものは帰っていきました。

春の女王たる紫の上は、「花の使者」を立てて仏前に花を供えさせます。

このときに贈った歌が「花園の胡蝶をさへや下草に秋まつ虫はうとく見るらむ」です。これは以前中宮が送った紅葉の歌への返しの歌となっています。

中宮は「胡蝶にも誘はれなまし心ありて八重山吹を隔てざりせば」と歌を返すのでした。

玉鬘

すべてが完璧だと思われる源氏でしたが、唯一、六条院には男性陣の心をときめかせるような女性がいないことだけが不満と思われていました。

しかし玉鬘(たまかずら)が六条院に養女として引き取られてから、人々は次第に玉鬘に注目するようになっていきます。

玉鬘は「西の対(たい)の姫君」と呼ばれ、その欠点のなさや、源氏が大切に育てている、といった噂が知れ渡ると、多くの求婚者が現れるようになります。

求婚者には、玉鬘の実の兄にあたるものの事情を知らない柏木(かしわぎ)もおり、源氏の弟にあたる兵部卿宮、髭黒右大将などがいました。

玉鬘は男踏歌の日以来、紫の上にも手紙を送るようになっていました。玉鬘は紫の上や花散里といった、六条院に住む女性たちからも好意を持たれるような人物だったのです。

玉鬘には母親である夕顔の良さが宿り、その上さらに才女らしいところもある、と源氏は考えていました。

夕顔はかつて源氏の恋人だった女性で、友人でもある頭中将の側室だった女性です。

関連記事→【第4帖】夕顔(ゆうがお)【源氏物語あらすじ・解説】

源氏はよく玉鬘のもとへ行って、玉鬘へと送られてきた恋文を読んでいました。

そして玉鬘に返事を促したり、女官に質問や注意をしたりしました。玉鬘の評判があがることは源氏の計画でもあったのです。

一方で源氏は、玉鬘へと募る自分の恋心を感じていました。

同時にそれが「けしからぬ心」であることも理解しており、源氏の性分を知っている紫の上が、玉鬘に対する源氏の心を当初から危惧していることも分かっていました。

けれどもある日、とうとう源氏は玉鬘に恋心を打ち明けてしまいます。添い寝をしたもののそれ以上のことはせず、戸惑う玉鬘にも「このことは誰にも言わないように」と告げるのでした。

玉鬘はさらに悩みを深めますが、源氏は兵部卿宮や髭黒右大将に玉鬘との仲を認めてもいいというような意向を示したため、彼らはさらに熱心に求婚をするようになったのでした。

補足

秋好中宮は六条御息所と前東宮の娘で、源氏の養女となったあと冷泉帝に入内し、その後中宮となりました。伊勢の斎宮をつとめたこともある女性です。秋の町は秋好中宮の里邸となっています。

源氏の息子である夕霧は、玉鬘のことを実姉と思っています。なので玉鬘に対して恋愛感情を抱くことはありません。

この頃の夕霧は15歳、玉鬘は22歳とされています。

一方で、玉鬘の異母兄弟である内大臣の息子たち(柏木など)は玉鬘に恋愛感情を抱いています。

周囲の人たちは、多くは玉鬘の素性を知りません。

こちらも気になる?

「鬼滅の刃」の登場人物”胡蝶しのぶ”についてはこちら→https://hogarahogara-flouria.com/entry/kochou-shinobu/(別サイトに移動します)