小倉百人一首

48番歌 かぜをいたみ(源重之)

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけて物を 思ふころかな

かぜいたみ いはうつなみの おのれのみ くだけてものを おもふころかな

出典は『詩歌和歌集』恋上二一〇

現代語訳

風が激しく吹いて岩に打ち寄せる波がくだけるように、わたしだけがくだけるようなそんな恋をしている。

何度もアプローチしているのに、相手の女性はまったく動いてくれない。その様子を岩と波を使って比喩表現しています。

「くだけて物を思ふ」という言い回しは当時流行っていたらしく、他の歌人も歌に取り入れています。

作者:源重之

10世紀後半の人で、「三十六歌仙」のひとり。

村上天皇・冷泉天皇・円融天皇に仕えました。

関連記事
小倉百人一首(一覧)