源氏物語
PR

【第47帖】総角(あげまき)【源氏物語あらすじ・解説】

藤村さき
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

薫24歳の秋・八月から冬・十二月のお話。

対訳にはなっていませんのでご注意ください。

あらすじ

八月、八の宮の一周忌法要が営まれ、薫はこまごまと心をくばりました。

その夜、薫は大君に近づき意中を訴えます。しかし大君に拒まれたため、そのまま夜通し語り合って別れました。

大君は父宮の遺志を継ぎ、宇治の主として独身を貫く決意をしていたのです。その一方で、妹の中君を薫と結婚させようと考えていました。

夜通し薫と語り合った大君の衣服には、薫の強い香が染み付いており、中君は薫との仲を疑います。

一周忌が済んで間もなく宇治を訪れた薫は、大君の結婚を望む老女房の弁たちの手引きで大君の寝所に入ります。その気配をいち早く察した大君は、中君を残して隠れてしまいます。

薫は中君に気付き、二人でそのまま語り明かしました。

大君の意思を知った薫は、中君を匂宮と結婚させようと考え、九月のある夜ひそかに匂宮と中君を逢わせてしまいます。

薫は事実を打ち明け大君に結婚を迫るが、大君は承知しませんでした。

匂宮は三日間中君の元に通い続けましたが、母后である明石の中宮に反対され、足止めされてしまいます。そしてその後は身分柄、思うように宇治を訪問することができないでいました。

大君と中君は、匂宮の訪れが途絶えたことを嘆き悲しみます。

十月、匂宮は宇治川に舟遊びや紅葉狩りを催して中君に会おうと計画しますが、多くの人が集まり盛大になりすぎたため、かえって目的を果たせませんでした。

父帝は匂宮の遠出をやめさせるために、夕霧の六の君との結婚を取り決めます。

これを聞いた大君は心労のあまり病に臥し、薫の懸命の看病もむなしく、十一月、薫に看取られる中で草木の枯れていくように息絶えました。26歳でした。

その日は豊明節会の日で、宇治は吹雪の夜でした。

大君と結ばれぬまま終わった薫は深い悲嘆に沈み、宇治に籠って喪に服します。

薫の悲しみを人伝てに聞いた明石中宮は、「ここまで想われる女人の妹姫なら、匂宮が通うのも無理はない」と思い直し、匂宮に「二条院へ妻として迎えても良い」と認めるのでした。

そして匂宮は、中君を京の二条院に引き取ることにしました。

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました