小倉百人一首

40番歌 しのぶれど(平兼盛)

しのぶれど 色にいでにけり わが恋は 物や思ふと 人のとふまで

ぶれど いろにいでにけり わがこひは ものやおもふと ひとのとふまで

「忍ぶ恋」という題で、天徳四年(960年)の村上天皇の内裏歌合で詠まれ、41番歌と互角の名勝負をしました。村上天皇が「しのぶれど」とつぶやいたことで勝利しました。

現代語訳

人に知られまいとしていたが、顔色に表れてしまったようだなあ、私の恋は。「物思いをしているのか?」と人がたずねるほどまでに。

作者:平兼盛

「三十六歌仙」のひとりです。

村上・冷泉・円融・花山・一条天皇の五代にわたって活躍しました。

関連記事
小倉百人一首(一覧)