小倉百人一首

59番歌 やすらはで(赤染衛門)

やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月をみしかな

らはで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな

『後拾遺和歌集』恋二の詞書には、「中関白少将に侍りける時、はらからなる人にもの言ひわたり侍りけり、頼めてまうで来ざりけるつとめて、女にかはりてよめる」とあります。

当時少将だった中関白とは、藤原道隆のことです。道隆が赤染衛門の姉妹と恋仲になり、ある夜「今夜行くよ」と言ったのに来なかった翌朝、姉妹の代筆で赤染め衛門が詠んだ歌です。

現代語訳

ためらわずに寝てしまえばよかったのに、夜が更けて西の空に月が傾いてしまうまで、月を眺めてしまいました。

代作のせいかも知れませんが、相手を怒ったりなじったりすることなく、上品でおっとりした感じの歌に仕上がっています。

この歌は、同じ歌が『馬内侍(うまのないし)集』にも馬内侍作として載せられており、理由として優れた歌は女房たちの共有財産であった、とする説もあります。

作者:赤染衛門

藤原道長の妻・倫子に仕え、後に一条天皇中宮・彰子にも仕えた歌人です。

才媛であったとされ、『栄花物語』正編の作者とも言われています。

関連記事
小倉百人一首(一覧)