小倉百人一首

56番歌 あらざらむ(和泉式部)

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの あふこともがな

あららむ このよのほかの おもひでに いまひとたびの あふこともがな

出典の『後拾遺和歌集』詞書には「心地例ならず侍りけるころ、人のもとにつかはしける」とあります。死期を感じ取った作者が、もう一度あなたに逢いたい、と相手に送った歌です。

現代語訳

わたしはもうすぐ死んでしまうでしょう。あの世への思い出として、せめてもう一度だけあなたにお逢いしたいのです。

作者:和泉式部

情熱的な恋愛歌人のひとりと言われており、『和泉式部日記』では敦道親王との恋愛がつづられています。

後に中宮彰子にも仕えています。

最初に結婚した橘道貞との間に産まれたのが、60番歌を詠んだ小式部内侍です。

関連記事
小倉百人一首(一覧)