小倉百人一首

92番歌 わがそでは(二条院讃岐)

わが袖は 潮干にみえぬ 沖の石の 人こそしらね かわくまもなし

わがでは しほひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし

「石に寄する恋」という題で詠んだ「題詠歌」です。難しい題ではあったものの、当時流行した歌題でした。

現代語訳

わたしの袖は、引き潮になっても見えない沖に沈む石のようなもので、人こそ誰も知らないけれど乾く間もないのです。

人に知られない恋、秘密の恋、それを沖に沈んだ石に例えています。

作者:二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

二条天皇の女房で、二条院の崩御後は後鳥羽院の中宮に使えました。この歌によって「沖の石の讃岐」と呼ばれました。

関連記事
小倉百人一首(一覧)