小倉百人一首

64番歌 あさぼらけ(権中納言定頼)

朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木

あさぼらけ ぢのかはぎり たえだえに あらはれわたる せぜのあじろぎ

出典は『千載和歌集』冬四一九。叙景歌です。

現代語訳

夜が明けるころ、宇治川にたちこめていた川霧がとぎれとぎれになって、次第にあらわれてくる浅瀬にかけられた網代木よ。

宇治は貴族の別荘があった土地です。

そして宇治川では、網代をつかった氷魚漁が盛んでした。

『蜻蛉日記』『更級日記』にも、宇治川で網代をみたときのことが記されており、『源氏物語』総角(あげまき)巻でも網代見物に出かける場面があります。

作者:権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)

11世紀前半頃の人で、「中古三十六歌仙」のひとりです。

60番歌(作者:小式部内侍)の歌と関連する人物です。

関連記事
小倉百人一首(一覧)