小倉百人一首

80番歌 ながからむ(待賢門院堀川)

長からむ 心もしらず 黒髪の みだれてけさは 物をこそ思へ

ながらむ こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもへ

『久安百首』の一首。契りを結んだ翌朝、男が心変わりしないかと思い乱れる心が、黒髪の乱れとともに表現されています。後朝の心を詠んだ歌です。

現代語訳

あなたの愛が長く続くかどうか分からない。黒髪が乱れ、わたしの心も乱れ、今朝は物思いに沈んでいます。

作者:待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

12世紀前半頃の人と言われています。

関連記事
小倉百人一首(一覧)