小倉百人一首

90番歌 みせばやな(殷富門院大輔)

見せばやな 雄島のあまの 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず

ばやな をじまのあまの そでだにも ぬれにぞぬれし いろはかはらず

本歌取りの一首で、『後拾遺和歌集』恋四・八二七の、源重之の歌からとられています。

現代語訳

あなたに私の着物の袖をお見せしたいわ。あの松島の雄島の漁師の袖さえ、濡れても濡れても色は変わらないのに、私の袖は悲しみの涙で赤く染まっているわ。

この当時、悲しみの涙は血で染まっていて赤い色をしている、とされていました。

「雄島」は現在の宮城県松島にある島のひとつです。

作者:殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ)

後白河天皇皇女亮子内親王に仕えました。

藤原定家とも親しく、多くの歌を詠んだので、歌人仲間からは「千首大輔」とも呼ばれたらしいです。

鴨長明は『無名抄』において、彼女を「近代の和歌の上手」として挙げています。

関連記事
小倉百人一首(一覧)