小倉百人一首

79番歌 あきかぜに(左京大夫顕輔)

秋風に たなびく雲の たえ間より もれいづる月の かげのさやけさ

あきぜに たなびくくもの たえまより もれいづるつきの かげのさやけさ

崇徳院の命でつくられた『久安百首』の秋の歌です。

現代語訳

秋風にたなびく雲がとぎれた間から、月の光がもれ出てくる。そのなんと明るく澄んでいることか。

『万葉集』の時代は月を隠す雲は邪魔な存在とされていましたが、平安時代以降は雲の間から射す月の光を愛でるようになります。

作者:左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)について

白川院の側近で、藤原顕季(ふじわらのあきすえ)の子。父より「人麿影」を受け継ぎ、世襲的歌道家の始まりのきっかけとなった人物です。

関連記事→03番歌 あしびきの(柿本人麻呂)

崇徳院の命を受けて『詞花和歌集』を撰集しました。

84番歌の作者である清輔は次男で、臨終に際して「人麿影」を譲りました。

関連記事
小倉百人一首(一覧)